法人向け仮想通貨の会計データ作成ツール「クリプトリンク法人会計」 ベータ版を7月より提供開始
2018年6月26日

 クリプトリンク株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八木橋泰仁 以下「当社」)は、税理士が提供する法人向け仮想通貨会計データ作成ツール「クリプトリンク法人会計」ベータ版を2018年7月(予定)より提供を開始いたします。

各取引所のデータをアップロードするだけで、収支計算と会計データの作成ができ、お使いの会計ソフトに取り込むことが可能です。

なお、仮想通貨の法人向け会計データ作成ツールは日本初のサービスとなります。
また、ベータ版提供にあたり、機能検証のため当面無償でご提供いたします。

開発の背景

企業会計基準委員会が「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い」を公表するなど、法人における仮想通貨の会計取引が注目されています。

しかし、仮想通貨の単純な収支計算でも、複数の取引所にまたがる取引を統合し、仮想通貨同士の売買ではその日本円換算レートを都度収集し収支計算を行う必要があります。

その計算は面倒かつ難しく、会計データ作成ツールはまだ存在しておらず(※1)、法人の経理担当者はもとより、税理士・会計事務所でも対応に苦慮しているところです。

一方で、個人投資家が法人なりするケースが徐々に増えているほか、仮想通貨建てでの代金受領も少しづつ増えている状況です。

そこで、我々は個人所得税確定申告でも提供した「仮想通貨収支計算システム」を発展させ、各取引所のデータをアップロードするだけで、収支計算と会計データの作成ができ、お使いの会計ソフトに取り込むことが可能な「クリプトリンク法人会計」を7月より提供致します。

なお、法人向け会計データ作成サービスは日本初のサービスとなります(※1)。
また、現在一般に利用されている会計ソフトウェアの大半に対応致します(※1)。

※1 いずれも当社調べ(2018.6.25現在)

「クリプトリンク法人会計」概要

個人所得税確定申告用の仮想通貨の収支計算ツール「クリプトリンク」のノウハウを活用し、法人向け仮想通貨収支計算の会計データ作成ツール「クリプトリンク法人会計」を開発いたしました。

・対応取引所はbitFlyer、Coincheck、Zaif、bitbank、QUOINEX、BITPoint の6か所に対応(以後拡充予定)
・各取引所が発行するAPIデータや、ダウンロードできるCSVデータを利用して、複数取引所における取引データを解析
・移動平均法、総平均法両方に対応、FX(証拠金取引)にも対応
・各取引所間での送金等も紐づけし、収支計算に反映
・法人の選択により、決算期の設定も可能に
・会計基準委員会でも示された期末時価評価にも対応(※2)
・収支計算結果から、会計データを作成し、各種会計ソフトに仕訳データを取り込むことが可能です(MFクラウド会計・弥生会計・TKC・MJS・freeeに対応。順次拡大予定)

※2 時価レートについては当社独自取得レートによります。また時価評価をしないことも可能です。

正式版システムご利用料(予定)

1,980円 /月額 (消費税込)

※ 会員登録から14日間は無料でお試し利用が可能です。
※ 「クリプトリンク個人版」は当面無料でお使いいただけます。