DMM Bitcoinの現物取引データはどのように操作したら取得できますか?

DMMBitcoinは、取引データをEXCELで取得できないため、画面の情報から取引履歴をコピー&ペーストにて作成いただく必要がございます。その際、入金履歴とトレードの履歴が必要となりますので取得の上ご利用ください。

なお、DMM Bitcoinのレバレッジ取引の取引履歴についても現物取引と一緒のトレード履歴に作成して、アップロードすることが可能です。

1. 取引ファイルの取得

入金履歴

DMMBitcoinにログイン後、【マイページ】左側のメニューの「各口座履歴」をクリックし、「入金・入庫履歴」を選択します。

入金履歴のデータについては、

・「日本円入金履歴(クイック入金)」
・「日本円入金履歴(銀行振込)」
・「日本円入金履歴(その他)」
・「BTC入庫履歴」
・「ETH入庫履歴」

以上5つをそれぞれコピー&ペーストしていただきます。

※日本円入金履歴は、一つのexcelファイルにまとめてペーストしてください。

以下は、「BTC入庫履歴」での例になります。
「全履歴を見る」をクリックします。

履歴が表示されますので、赤枠内をコピーして、excelへ貼り付けてください。

excelへの貼り付けイメージ

「日本円入金履歴(クイック入金)」、「日本円入金履歴(銀行振込)」、「日本円入金履歴(その他)」、「ETH入庫履歴」についても同様にファイルを取得します。

貼り付けたexcelのファイル名については、

・「日本円入金履歴」 → jpy_deposit_history.xlsx
・「BTC入庫履歴」 → btc_deposit_history.xlsx
・「ETH入庫履歴」 → eth_deposit_history.xlsx

としてください。

トレード履歴

【マイページ】より、「取引開始」ボタンをクリックします。

ポップアップで取引画面が表示されますので、左上の「メニュー」から「約定履歴」をクリックしてください。

続いて、期間指定にてデータを取得したい期間を設定していただき、「検索」をクリックします。

【銘柄】から【注文番号】までの全てのデータをコピーして、excelへ貼り付けてください。

excelへの貼り付けイメージ

レバレッジ取引の履歴がある方は、その履歴も一緒にexcelへ貼り付けてください。

excelへの貼り付けイメージ

貼り付けたexcelのファイル名は、「trading_history.xlsx」としてください。

2. 取得したファイルのインポート

CryptoLinCアカウントのTOPで、「アップロード」をクリックしてください。

データをアップロードしたい取引所を選択してください。

最後に、下の画像に記載されている操作にしたがって、ファイルをアップロードしてください。

本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら