出力帳票について教えてください。

どんな帳票を出力できますか

個人版の場合、確定申告で利用できる帳票を出力できます。

  1. 年間取引報告書(画面上・PDF)
  2. 年間取引データ(画面上・CSV・PDF)
  3. データ処理報告書(PDF)

法人会計は、上記個人版の帳票に加え、「会計仕訳データ」を作成することができます。

データをダウンロードしたら文字化けが起きて開けません

推奨環境以外でご利用頂くと、文字化けが頻発いたします。
ダウンロードしたファイル名が文字化けしている場合、「ファイル名を変更」を選び、拡張子を「.xlsx」(エクセルファイル)として頂ければ開くことができます。

確定申告で必要な書類は何ですか

クリプトリンクで出力できる帳票の年間取引報告書上の損益額を利用してください。
別途、経費を使っている場合はその額を差し引いた金額が雑所得となります。
出力した帳票はPDFで保管ください。
お客様毎のストレージに最大10回分の処理データを保管することができます。但し、データ削除を行うと、ストレージのデータも削除されますのでご注意ください。

本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら